習慣化しておきたい歯磨き練習

犬も虫歯や歯周病に悩まされていると知っていますか?犬も人間とまるで同じ口内トラブルを発症します。これは決して一部の小型犬や贅沢な食生活をしている犬に限った問題ではありません。市販のドライフードを食べていても起こります。

また、高齢になり症状が起こることもあります。口内トラブルが将来起こることを踏まえ、日ごろからしつけを済ませておきましょう。

口内は犬にとってもデリケートな部位

犬の習性から考えて、口内に他人が触れることは相当不自然な行為です。当然愛犬が嫌がると覚悟しておきましょう。

ただ、今や犬の口内トラブルはごく身近な問題です。口臭や歯の変色などの目立った症状に家族が気が付くのは2,3歳ごろです。

症状に気が付いてからでは歯磨きや口内ケアを始めようと思っても、なかなか愛犬は受け入れてくれません。だからこそ生後間もないうちから、口内ケアを習慣化し、危険でないこと、お手入れ中は暴れたり、噛みついてはいけないことを習得させておきます。

日ごろから口角、口内に触れることが大事

今日から始めておきたい口内ケアのためのしつけは、

①    飼い主が口角に触れる

②    上唇を軽くめくり、歯茎に触れる

③    上下の歯を軽く抑え、口を開けさせる

④    口内に歯ブラシやコットンなどを入れても嫌がらない

という点を意識します。

例えば、抱っこをした時、頭を撫でる時、オヤツをあげる時など愛犬の機嫌がいいタイミングがおすすめです。頭を撫でた延長で口角や口内に触れ、優しく撫でます。この行為が習慣化しているだけで、愛犬はその後の歯磨きを嫌がらずに受け入れてくれるようになります。

また症状が悪化し、動物病院で治療を受ける際も、日ごろの習慣が役立ち、スムーズに治療を進めることが出来ます。

歯ブラシの利用はしっかりと補綴をすることがポイント

ペットショップには犬専用歯ブラシや歯磨き粉付きのガーゼなど様々な歯磨き用品が発売されています。これらは愛犬にとって決して快適なお手入れではありません。

そのため、日ごろはおとなしい愛犬も、不意のタイミングで激しく暴れたり、噛みつくことがあります。しっかりと愛犬の体を補綴し、安全を意識してお手入れを済ませましょう。

また、犬の口内はとてもデリケートです。歯ブラシやガーゼをもつ手指につい力が入ってしまうと、歯茎表面を傷つけてしまうこともあるのでくれぐれも注意が必要です。

もし口内に赤みや出血、腫れがある場合は無理にお手入れをせずに動物病院へ相談します。歯のぐらつきや口内炎、しこりも別の病気の症状ということがあるので、動物病院の診察をおすすめします。

\ Share /